コンセプト

現在、大手企業のみならず社会全体が人材に求めているものが「人間力」です。
どんな学歴を持ち、どんな資格を持っているかよりも「どのような人なのか」が
問われていると言えます。

職場、家庭、学校、地域・・・私たちをとりまく環境は様々ですが、
どんな環境にも人間関係はつきものです。

良好な人間関係を築くために必要なものはコミュニケーション能力に他なりません。
しかし、残念ながら人間関係におけるさまざまな問題やストレスの原因が、
小さなミス・コミュニケーションの積み重ねであることに、
気づけていないのが現状です。
人格や価値観そのものに問題があるのではなく、
コミュニケーション能力に問題があるのです。
そして、コミュニケーション能力は教育によって誰もが身につけることができます。

知識として「わかる」だけでなく、「できる」という能力として身につけていただくために、
ソーシャル・アライアンスでは、様々なトレーニングシステムを開発してきました。

強いメンタリティや本物のリーダーシップ、柔軟な想像力や状況に即した応用力など
本質的な人間力を身につけられる教育をおこなっています。
それによる、一人ひとりのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の
向上こそが、現代における社会貢献につながると信じています。

図